So-net無料ブログ作成
検索選択

中心市街地内における大型ショッピングセンターと既存商店街との関係 [商業施設]

今回は、「北部九州の道路事情」というテーマともう一つ、「中心市街地内に郊外型の大型ショッピングセンターが出店してきた場合に、既存商店街との回遊は有り得るか」というテーマに着目して街巡りをしてきました。

■年末の行程
福岡市天神→(九州自動車道)→(小倉東IC)→(国道10号線)→(椎田バイパス)→豊前おこしかけ→中津城→ゆめタウン中津→中津の駅前商店街→(国道10号線等)→国東半島の史跡→別府鉄輪→ゆめタウン別府→別府駅前の商店街→トキハ別府店→(国道10号線)→佐伯で鮨を食う→(国道10号線)→延岡市


■中津市の場合:
「ゆめタウン中津」と中津駅前の商店街の距離はおよそ400~500mだと思いますが、この間の道は人っ子一人歩いていませんでした。お客さんは車でゆめタウンにやって来て、そのまま車で帰っていくだけです。



ゆめタウン中津


中津駅前の商店街

 

 

■別府市の場合:

「ゆめタウン別府」と別府駅との間はおよそ800mくらいでしょうか。

こちらも「ゆめタウン」と「別府駅」とその間の「商店街ゾーン」を回遊しているらしいお客さんは見当たりませんでした。
まず、ゆめタウンと商店街ゾーンは国道10号線で分断されているのですが、この国道10号線が片側3車線で車がガンガン通過する幅広い通りですからね。


ゆめタウン別府の駐車場から別府駅方向を見る


さらに、別府駅とゆめタウンとの間には下記看板のようなバスサービスが実施されているようで、駅からの来街客もわざわざ徒歩で歩くよりはバスに乗っちゃいますよね。


極めつけは、年末ということもあり商店街のほとんどのお店が閉店していることです。これでは、回遊のしようもないですね。


もっと専門的な話をすると、ゆめタウンから約300mほどのところに「トキハ別府店」があるのですが、そこの専門店ゾーンのテナントと、新しくゆめタウン別府に入ったテナントとはかなりダブっているんですよね。お互いに店名やブランドは違えているものの、経営しているメーカーは一緒というわけですね。いずれ次の契約更改などの機会に店舗再編なんかもあったりするんじゃはないかなあと感じました。

まあ、あんまり他の都市のことばっかり言うのもなんなのですが、北九州市においても某中心市街地エリア内に郊外型の大型ショッピングセンターの出店計画の話があったりするようですので、このような他都市の実態研究などはしっかりと行った方が良いのではないかと思います。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。