So-net無料ブログ作成
検索選択

まちづくり事業「地方移管」 [中心市街地活性化協議会]

本日14:00~16:00、ウェルシティ小倉におきまして北九州市小倉地区中心市街地活性化協議会の「平成21年度第3回 幹事会」が開催されました。

主に、次の「中心市街地活性化基本計画(小倉地区)」の変更、すなわち追加掲載する予定の新規事業についての協議、報告が行われました。

今回は事前に資料を配布していたことなどもあり活発に質問・意見が飛び交いました。
ただ、この幹事会が開催されている同日に国の行政刷新会議においては下記のような作業が行われていたわけで、「まちづくり三法」のスキームがいったい今後どのようになっていくのか私にも皆目見当ががつきません。 [もうやだ~(悲しい顔)]



◆まちづくり事業「地方移管」 仕分け2日目 (産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091112-00000075-san-pol

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は12日午前、平成22年度予算概算要求の無駄を洗い出す事業仕分けの2日目の作業を都内の体育館で行った。午前の作業では、国土交通省が計1698億円を要求したまちづくり関連5事業について「地方自治体や民間の判断に委ねるべきだ」として地方への移管を求めたほか、多くの事業で予算削減などを求めた。

 厚生労働省が573億円を求めた医師確保と救急・周産期対策事業は、50%削減が適当とした。11日に判定した「診療報酬の配分見直し」で医師不足対策は進むというのが主な理由で、医師確保策で厚労省側は事業の必要性を強調したが、仕分け人は「状況を見て必要なら補正予算で対応する」とした。

 また国が管理する国道維持管理費について、国交省の概算要求2325億円を削減するよう求めた。業務発注方法の見直しなどで、少なくとも10~20%減らせるとしている。

 基金の返納要請も相次いだ。子育て支援事業を行う財団法人こども未来財団は、基金(311億円)をいったん国庫に返納した上で事業内容を見直すべきだと判定。財団法人民間都市開発推進機構の事業促進支援基金(80億円)、国の無利子貸付金(1097億円)などの国庫返納を要請した。

 農林水産省が所管する食料安定供給特別会計についても、農業経営基盤強化勘定の剰余金と、積立金の計約535億円を一般会計に返還すべきだと判定した。農水省の耕作放棄地再生利用緊急対策の基金積み増し(64億円)の22年度予算計上見送りも求めた。

 まちづくり事業に関しては「まちづくりという(地方行政の)根幹に国が関与していいのか」などの批判が相次ぎ、地方に財源と権限を移すべきだとの意見が大勢を占めた。

 事業仕分けは、民主党議員と民間有識者らで構成する3つの作業グループ(WG)が事業の必要性などについて各省担当者と質疑した上で「廃止」「地方移管」「予算削減」などを判定する。2日目は内閣府、国交、厚労、農水各省の24項目が対象。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

はらだ

ご無沙汰してます。原田@府中です。
ほんとに、この先は見当もつかないですね。
ところで、
>まちづくり事業に関しては「まちづくりという(地方行政の)根幹に国が関与していいのか」などの批判が相次ぎ、地方に財源と権限を移すべきだとの意見が大勢を占めた。

いつも疑問に思うのですが、この場合の「地方」は都道府県なのか市町村なのか・・・。
しっかり議事録を読めばわかるのかなと思いつつ・・・(汗)
by はらだ (2009-11-16 18:01) 

かいたろ

原田さん、こんにちは~。

私の個人的見解としては、「まちづくり事業」ということに限って言えば、「地方」とは「市町村」のことにするべきだと思います。

「まちづくり」と言うと、場合によってはもっと小さい「コミュニティ」とか「エリア(エリアマネジメントが行えるくらいの大きさ)」くらいのレベルで行う方が良い場合もあったりしますからね。大きくても「市町村」が限度でしょう。
同じ「市町村」と言っても、北九州市のような政令指定都市クラスから人口数千人の町村まであるので、これまた一概には言えないでしょうけど。

もちろん、「地方」としての「都道府県」や「道・州(道州制が実現したとして)」にも違った意味での「まちづくり」の役割はあるでしょうけど、「中心市街地活性化」という意味での「まちづくり」については「都道府県」が関与するにはサイズが合わないかと思います。

by かいたろ (2009-11-19 17:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。