So-net無料ブログ作成

第2回 さんぽサンデー とほほん市in小倉 前日告知 [商店街]

◆第2回 さんぽサンデー  とほほん市in小倉
第2回 さんぽサンデー  とほほん市in小倉は、参加者が自分の家の本棚に眠っている書籍を一箱分セレクトして販売する、小さな古本市です。
自慢の一冊、とほほな一冊、こだわりのセレクション、みんなと共有したい本棚の小ワールド…売るも楽し、見るも楽しな「とほほん市in小倉」。
さんぽ気分で、ぜひお立ち寄り下さい!!
日時:2009年11月8日(日) 11:00~16:00
会場:京町銀天街(北九州市小倉北区)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2回とほほん市、引き続き出店者を募集しております! [商店街]

「とほほん市」の公式ホームページが(ようやく…)更新されております。

◆「とほほん市」公式ホームページ
http://tohohon.jugem.jp/


一部、転載しておきます。 

■日時:2009年11月8日(日) 11:00~16:00
■場所:北九州市小倉北区京町1丁目(京町銀店街の中銀通りより西側)
    地図はこのへん
■出店:どなたでも出店できます。希望者は下記情報をお送りください。
   1.屋号
   2.出品本や品揃えなどのPR
   3.氏名(チラシにニックネームを載せる方は、ニックネームも)
   4.メールアドレス(お持ちでない方は不要)
   5.電話番号
   6.住所
   7.自分のホームページやブログなど(お持ちでない方は不要)
   ※ 出店料は500円です(チラシやマップ作成に使います)
■宛先:info.tohohon@gmail.com

たくさんの出店をお待ちしてます!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2回とほほん市への出店者大募集! [商店街]

「第2回 とほほん市 in小倉」のチラシ原稿が出来ました。 

s-tohohon_back01.jpg



ちなみに第1回目の様子は下記(↓)をご覧下さいませ。

◆3月28日(土)・3月29日(日)の小倉都心のイベントの様子
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-03-30


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

New Open [商店街]

9月1日に魚町1丁目にオープンしたお店。お店と言っても、なにか商品を売っているわけではなく、求人情報の書かれた紙がボードに貼られているだけ。

090903_1257~0001.jpg

◆求人王国
http://www.kyujin0059.com/index.html


さすがに、これは初めて見るタイプのお店ですね~。PCインターネットや携帯での求人スタイルが普及した現代にあって、あえて実店舗を構えるという挑戦やいかに!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小倉を和服の似合う街にするぞ~ [商店街]

魚町商店街の老舗呉服店「ゑり福」で浴衣を買っちゃいました~。

◆ゑり福
http://www.erifuku.jp/

090716_1828~0002.jpg


本格的に浴衣を着るのは初めてなので、着付けを教えてもらい(http://www.erifuku.jp/modules/school/index.php?content_id=5)、せっかく着たので浴衣を着たまま新幹線に乗って自宅まで帰ってきてしまいました~。

この調子で、「ゆかた夜会@魚町2009」で浴衣デビューだっ!……といきたいところなのですが、この日はランドオーナー会議が重なっているので、残念ながら浴衣デビュー!というわけにはいかなのです。。。

◆ゆかた夜会@魚町2009
http://www.erifuku.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=15


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

商店街再生計画 [商店街]

昨夜は「地域プロデューサー養成講座 ~街と大学が関わることー建築系研究室の実践を通して~」でした。

◆地域プロデューサー講座のお知らせ
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-18

講師の曽我部さんが建築家であり、講座タイトルも「建築系研究室の実践を通して」だったこともあり、会場には市の建築・都市計画関連部署の人や民間の建築設計関係の人が多かったようです。

逆に言うと商業関係者がいなかったということなのですが、私も上記のブログで案内する際に「商店街再生計画」の本を紹介するのを忘れていましたね。

商店街再生計画 大学とのコラボでよみがえれ!

商店街再生計画 大学とのコラボでよみがえれ!


共著者の三浦展さんは「ファスト風土化する日本―郊外化とその病理」や「下流社会 新たな階層集団の出現」で有名ですね。 私が元所属していた「パルコ」という会社での先輩にあたります。

ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 (新書y)

ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 (新書y)

  • 作者: 三浦 展
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 新書

下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)

下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)

  • 作者: 三浦 展
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2005/09/20
  • メディア: 新書






曽我部さんの講演では、曽我部研究室が手掛けたプロジェクトの幾つかが紹介されたのですが、その中から「黄金町エリアマネジメントセンター」の事例をリンクしておきます。

◆黄金町エリアマネジメントセンター
http://www.koganecho.net/index.html

黄金町というのは、いわゆる「ちょんの間」が昔あったエリアです。

◆東京DEEP案内
http://tokyodeep.info/2008/08/24.html

小倉にも似たようなエリアがありますが、黄金町の事例がなにか参考にならないかなと思ったところです。

◆小倉が健全な街に
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-03-25

 



プロデューサー講座の後は、例によって「井出商店」(角打ち)での2次会でした。[ビール][わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新・がんばる商店街77選 [商店街]

本日3月31日は年度末、明日4月1日からは新年度ということで、北九州商工会議所の中もお引越し作業で賑やかでした。

北九州商工会議所、北九州まちづくり応援団㈱、北九州市それぞれの中心市街地活性化の関係セクションにも大幅な人事異動があったようです。明日からいったいどのような体制で動くんでしょうね。

ところで、今日は平成21年度の戦略補助金の採択結果の発表があるかと思い、経済産業省(http://www.meti.go.jp/)と中小企業庁(http://www.chusho.meti.go.jp/)のホームページを見張っておったのですが、今日はホームページ上での公表はありませんでしたね。

代わりにと言ってはなんですが、中小企業庁のホームページに 『新・がんばる商店街77選』 が公表されているのを見つけました。

◆『新・がんばる商店街77選』 ~各地で始まる「地域コミュニティの担い手」としての取組み~
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2009/090331ShinShoutengai77Sen.htm

選定のポイントとして、下記が挙げられています。

  • 社会的弱者に配慮した商店街づくり
  • 環境に優しい商店街づくり
  • 安心・安全な商店街づくり
  • 地域の魅力を発信する取組み
  • 地域住民と連携したまちづくりの取組み

ただでさえ苦しんでいる商店街にここまで高尚な役割を期待してよいものだろうかという気がしないでもないのですが、ただ今回選ばれた77選の事例を見てみると、結果的に「空き店舗活用」の事例集として参考になる点が多々あります。

小倉地区の中心市街地活性化も、旧TMO構想8事業のうち「テナントミックス事業」以外の7事業は何らかの形で着手しておりますし、イベントも数・質ともに充実してきておりますし、インフラ整備や大型開発についても「新中心市街地活性化基本計画」に掲載されたことにより5年以内に着手できるよう市がハッパをかけていくだろうと思うのですが、やはり平成21年度以降は肝心の「テナントミックス」に手をつけなければいけないと思うわけです。

まずは、1軒でも2軒でも空き店舗活用の具体的事例を作っていくことだと思うのですが、 そういう意味では『新・がんばる商店街77選』も何かと参考になるかと思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008年度 北九州ICTインテリジェントエリア実験成果報告会 [商店街]

15:15よりKTI小ホールで行われた「2008年度 北九州ICTインテリジェントエリア実験成果報告会」を視聴しに行ってきました。

◆小倉中央商店街にてICTインテリジェントエリア実験を実施
www.ncos.co.jp/news/pdf_files/080307_PressRelease.pdf

「実験の大きな枠組みは財団が決定した上で具体的な実験内容の検討や推進はPBLとして参加する学生が担当」して進められたとのことです。

ここに出てくるPBLというのは私も初めて聞く単語なのですが、

PBL
=project based learning
=プロジェクト体験型カリキュラム
=プロジェクトの企画・立案・運営・検証の一連のプロセスを体験する学習形態。リーダーシップや協調性、プロジェクトの遂行力・管理力など総合的な実践能力の取得を目指す

とのことです。

このように、中心市街地という「場」あるいは中心商店街という「場」が、ただ「商業」のためだけの場ではなく、「教育」の場、「研究」の場としても活用されると言うのは面白いことだと思います。


プレゼンテーションの内容についてですが、ICTに関して私はほとんど素人なのでコメントしようがないのですが、全体のプロジェクトの進め方に関してきちんとプロジェクトマネジメントが出来ているので「うわ~、最近の学生ってレベル高いな~」と感心することしきりでした。



この一連の実験も今年度が3回目となりますが、今後の展開がどうなるのか気になるところです。
願わくば、「北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区)」 の計画期間の締め切りである平成25年3月までに何か具体的な事業へと結実され、数値目標に貢献するようになると嬉しいのですが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

週末のミーティングと作業 [商店街]

週末(2月28日(土)、3月1日(日))の2日間は、魚町ランドオーナー会議についてのミーティング及び現地調査及びデータ一覧表・地図の作成作業等を行いました。

既に内容については、下記ブログにおいて書かれていますので割愛させて頂きます[わーい(嬉しい顔)]

◆ランドオーナー会議ミーティング (司法書士カケハシの業務日誌)
http://blogs.yahoo.co.jp/kakehashi0333/57058740.html

書かれていますように、魚町内で想定される組織「商店街振興組合」「ランドオーナー会議」「地域まちづくり会社」の役割分担が次第に明確になってきておりますし、実際に進めようと思えば進んでいくと思いますので、これはこれで良いのではないかと思います。

むしろ中心市街地活性化協議会の立場として考えなければならないのは、このような魚町の動きに対して中活協議会なり北九州まちづくり応援団㈱なりが具体的にどのように関わっていくのかということでしょうか。

上記の3組織には、テナントリーシング機能や、いわゆる「不動産の所有と利用の分離および集約」を行う機能はまだ想定されていません。
具体的なイメージで言うと、例えば「新天町商店街」における「株式会社新天町エステート」のような会社ですね(参照↓)。

◆経済産業省の商業支援策の説明会と意見交換会
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-17


いずれにしても、このような大きな事業スキームの構築については全体の合意形成を待って進めようとしてもなかなか進むものではないですので、まずは魚町の具体的な形が見えてきたのは良かったと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素人の乱 [商店街]

昨晩は18:30より「地域プロデューサー講座」でした。

会場は、JR小倉駅北口側の某所です。

講師は、「素人の乱」店長の松本哉さんでした。

松本さんのことをどこまで説明してよいのかは非常に難しいところなのですが、とりあえず2月1日の日経新聞の記事を貼っときます(↓)

s-松本哉.jpg


ただ、この記事の表層だけ読んで、これが商店街再生の処方箋だ!…と安直に受け取られても困るので[わーい(嬉しい顔)]、素人の乱のホームページも下記にリンクしておきます。

◆素人の乱
http://trio4.nobody.jp/keita/

単に、商店街の空き店舗が埋まって良かったとか、若者向けののチャレンジショップや起業支援の成功事例という類の話ではないのであります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。