So-net無料ブログ作成
検索選択
商業施設 ブログトップ
前の10件 | -

 「繁盛店づくり実践プログラム事業」の募集が始まっています [商業施設]

およそ3年振りの更新になりますが、㈱全国商店街支援センターから「繁盛店づくり実践プログラム事業」の募集が行われていますので、取り急ぎお知らせさせて頂きます。

以下、週刊商店街e-マガジン EGAOの記事から引用しておきます。 

------------------------------------------------------------------------------------------ 

個店は商店街を構成する最も基本的な単位であり、たくさんの活気ある 個店を作り出すことが、商店街全体の活性化にもつながります。 昨年度の商店街フォーラムでもテーマとして取り上げました!

▼商店街フォーラム「商店街を支える個店の力」開催レポート
http://www.syoutengai-shien.com/knowhow-tool/knowhow/06.html

「繁盛店づくり実践プログラム事業」は、個店の魅力づくりに商店街全体で 取り組むプログラムです。

意欲のある商店主(4~6店舗)に対して、商品陳列やPOPの書き方など具体的な アドバイスを行う「臨店研修」と、“個店の魅力づくり”についてのノウハウの 共有を通して商店街の人材育成や組織力の向上を図る「全体研修」を 組み合わせた、約5か月間にわたる事業です。 事業に取り組んだ商店街の事例はこちらでご覧いただけます。

▼対面販売の持つ力、魅力を再認識したプログラム研修  (表町商店街/岡山県岡山市)
 http://www.syoutengai-shien.com/case/report/article/report-28.html

☆対象となる商店街は? 基本的に支援センターの「個店の魅力アップ入門事業(1日コース)」を 終了した商店街が優先されますが、「商店街単位で個店の魅力づくりに 取り組みたい」という意欲をお持ちの商店街であれば、申込み可能です。

▼プログラムの概要・応募は以下のサイトをご覧ください。
  http://www.syoutengai-shien.com/support/02.html

 ☆「プラスαのサポート」とは?
 この事業に商店街一丸となって取り組み、プログラム終了後も引き続き、 磨き上げた「個店の力」をいかして更なる活性化に取り組みたいという 商店街に対して、「商店街マップ」や「ショップカード」といった “個店の魅力”を情報発信するためのツール作成のノウハウや費用を サポートするものです。
 募集期間は、7月26日(金)まで! お問い合わせ・ご応募をお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------------------- 


いまだに郊外への大型店進出は続いております [商業施設]

今朝の日経新聞で「ハンズマン」が北九州市に進出という記事を見たのでネット検索してみると……ありました、小倉南区朽網の方ですね。

◆新店、福岡2号店(小倉南店;仮称)のお知らせ
http://www.handsman.co.jp/kabushiki/shintenkokura.pdf

「ハンズマン」については、以前、当ブログでも書いたことがあるのですが、私もいまだに大野城店についつい寄っては買い物をしております。

◆敵は「郊外ライフスタイル」にあり。 (2008年4月30日の日記)
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30

◆ハンズマン
http://www.handsman.co.jp/

その「ハンズマン」がいよいよ北九州市に進出してくるわけです。
DIY・HCと言えば、黒崎の「ダイキ」ももうすぐ開業でしょうか。(最近、黒崎にはまったく行っていないので、どのような状況になっているか全くわからないのですが…)

◆ (仮称)ダイキ黒崎店・デオデオ八幡黒崎店届出事項の概要
http://www.city.kitakyushu.jp/file/27060300/shinsetsu/gaiyou-daiki-deodeo..pdf

◆豊田通商、九州地区最大級となる複合型商業施設「HILLTOP TERRACE(ヒルトップテラス)」
http://kitakyushu.qlep.com/detail_article.php?ar=67244


小倉中心市街地にとっては、北九州市内の郊外大型店との競合もますます激化し、福岡市との競合もますます激化し(http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2010-03-18)……というわけで、どんなに中心市街地活性化基本計画の中心市街地活性化事業を頑張っても大変な状況はいつまでも終わることはないわけです。

ウルトラセブン第26話に出てくる

「それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…」

というセリフが脳裏に浮かんできます。。。。

◆ウルトラセブン第26話 超兵器R1号
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page26.htm


「福岡パルコ」プレオープン [商業施設]

昨日、「福岡パルコ」のプレセールに行って来ました。さすがに開店の12時の時点では西鉄グランドホテルのところまでの長蛇の列でしたので、16時くらいに行って入りました。

◆「福岡パルコ」 プレオープンで天神は… (RKBニュース
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/014928.html

天神の街のど真ん中のビルが6年もの間、空きビルとなっていたわけですが、ようやく「街の顔」として再生したことになります。

北九州市・小倉と福岡市とは新幹線で約15分の近さであり、競合都市としてその動向は気になるところですが、福岡市の商業施設関連の今後の予定を整理しておきます。 

◆アバクロが福岡へ!銀座に次いで2010年に2号店オープンを計画
http://woman.excite.co.jp/topics/fashion/rid_11521

新駅ビル名称はJR博多シティ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/158992

◆天神・岩田屋隣の商業ビル概要 9階建て 11年夏開業 中核テナント「交渉中」 NTT都市開発
http://qkeizai.nishinippon.co.jp/news/item/45479/catid/1

◆イケア、新宮町に出店へ 大型家具店 九州初進出、12年にも

http://qkeizai.nishinippon.co.jp/news/item/50640/catid/1

う~む、小倉も中心市街地活性化事業を頑張ってはいるのですが、それ以上に福岡市の商業集積度アップのスピードが速いですね~。


新生・博多デイトスによりみち [商業施設]

昨日23日(金)は、「博多デイトス」のリニューアルオープン日でしたので、小倉からの帰りがけに早速「よりみち」してみました。
ちなみに、この「よりみち」というのが新生デイトスのコンセプトキーワードのようです。

◆博多デイトス
http://www.deitos.co.jp/hakata/


博多の顔にぎわう デイトス新装オープン 「新生・博多駅」第1弾
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000018-nnp-l40

JR博多駅筑紫口エリアの商業施設「博多デイトス」が23日、全面改装を終え、約半年ぶりに新装オープンした。2011年春の九州新幹線鹿児島ルート全線開通に向け、新駅ビル建設などが進む「新生・博多駅」の第1弾で、開店直後から大勢の客でにぎわっていた。

 博多デイトスは、山陽新幹線が博多まで開通した1975年に開業運営はJR九州の子会社、博多ターミナルビル(福岡市)で、19年ぶりに全面改装した。

 駅ビルの地下1階から地上2階に入居し、売り場面積は約8200平方メートル。11年春開業の博多阪急などと直結できるように改装し、新店61店を含む135店が出店した。

 買い物に訪れた同市南区の主婦(32)は「雰囲気も明るくなって、歩いていて楽しいです」と話した。年間売上高は、これまでより約20億円増の100億円を目指す。



上記の記事中にもありますように、2011年春には九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、博多駅には総延床面積約20万平方メートルもの巨大駅ビルが誕生します。JR小倉駅とJR博多駅とは新幹線で約15分という近い時間距離にありますし、土日に使える「よかよかキップ」だと往復3000円で行って帰ってこれます。新博多駅ビルの完成は、小倉地区中心市街地にとってもかなりの影響を及ぼすことが予想されます。
今回の博多デイトスのリニューアルは「新生・博多駅」の第1弾という位置づけですので、小倉中心市街地としてもその動向には注意を払っておきたいところです。

同じJR九州グループ(運営会社はそれぞれ別会社)が運営管理する「アミュプラザ小倉」(http://www.amuplaza.jp/)とのテナントの重なりを列挙しておきます。

・千鳥屋本家 http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=12100
・ひよ子 http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=12700
・ゴディバ http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=13210
・LUSH http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=13210
・ロニースコッツ http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=33400
・サリア http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=31830
・サマンサモスモス http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=33800
・ハンキーパンキー http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=31200
・ニコ アンド… http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=22250
・ローリーズファーム http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=33600
・ジ・エンポリアム http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=40530
・ジュネワコー http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=32100
・シティコンタクト http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=70100
・八仙閣 http://www.amuplaza.jp/shopguide/index_shop.php?S=65800


待ってても客が来てくれないんだったら、出かけていくしかない [商業施設]

9月15日(火)に小倉地区中心市街地活性化協議会主催で熊本市の中心市街地の視察に行ってきたのですが、主目的の「下通アーケード改修事業」や「熊本城整備事業」の話ではなくて、並木通りの裏でたまたま通りかかった「パウンドケーキの店 トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモート」の話です。

◆パウンドケーキの店 トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモート
http://www.aramoto.jp/

090915_1509~0001.jpg


実は、9月6日(日)にプライベートで某勉強会の夏合宿で山都町の「八朔祭」に行ったのですが、その時にこのア・ラモートさんが熊本市から自転車に乗ってパウンドケーキを売りに来ていたので、思わず買っちゃったんですね~。

◆八朔祭
http://www.town.yamato.kumamoto.jp/ka/syokokankoka/kanko/ibento/hassaku-2/hassakumatsuri1.jsp

家に帰って食べてみたら、とても美味しかったです。

山都町で会ったケーキ屋さんの本店を熊本市で偶々見つけて嬉しくなってしまったと言うわけです。
なんせ、熊本市から山都町(旧矢部町)までは40kmも距離がありますからねえ。
下記の「主な訪問先」を見ると、なんと120kmも離れた牛深まで自転車で売りに行ってるんですね。

◆主な訪問先
http://www.aramoto.jp/aramoto.htm

まさに、商売人の鑑(かがみ)ですね。こういうお店があるところに、熊本市の中心市街地の底力を感じました。


下通アーケード改修事業

090915_1330~0001.jpg

090915_1330~0002.jpg


リバーウォーク北九州のイベント [商業施設]

リバーウォーク北九州の1階に展示されているダンボールボート達です。

ダンボールボート.jpg


◆ダンボールボートで君もキャプテン
http://murasakigawa.jp/new/000150.html

開催は明後日の8月23日(日)ですね。



また、リバーウォーク北九州5階の北九州市立美術館・分館では、明日8月22日(土)より「高橋留美子展」が開催されます。

◆高橋留美子展
http://www.kmma.jp/r_takahashi_sp/takahashi_sp_2.html

ちなみに、この企画は、「北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区)」の77事業のうちの一つでもある「(仮称)北九州市漫画ミュージアム事業」のプレイベントという位置づけでもあります。

 


シェアショップ・マーケットの事例 [商業施設]

昨日の日記で山口市の中心市街地活性化事業の事例を取り上げましたが、本日、山口市に行ってきました。

…と言っても、昨日紹介した「アルビ跡地事業」の件ではなく、第3セクターまちづくり会社である「株式会社街づくり山口」行っている事業の一つ「街知箱(まっちばこ)」というレンタルボックス事業を視察して話を聞くのがメインの目的です。

…と言っても、小倉の中活におけるレンタルボックスの検討についてはSアドバイザーにメイン担当を任せていますので、私は昔山口市の中活にもアドバイザーとして行ってた縁があるということで水先案内人という役回りです。

◆山口中心商店街にレンタルボックス誕生
http://www.yamacci.or.jp/oshirase/machiyama/rentalu_box/index.html

◆街知箱(まっちばこ) ブログ
http://mattibako.soreccha.jp/

◆街知箱 (山口街中)
http://www.yamaguchi-machinaka.com/mtx/archives/1233079473/1234400385.html

◆「デニムの耳」でエコ商品-大学生が考案、「耳」にちなみ33日間販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000037-minkei-l35

◆街知箱へ行こう (宇都宮テント商会) 
http://blog.utsunomiya-tent.jp/?eid=86483


この「街知箱」という仕組みは、いきなり「チャレンジショップ」への出店と言うとハードルが高すぎるという人にとって、まずは商品だけを置いてみて試してみたいという「チャレンジショップ」よりも前段階のホントの「卵」を孵化させるためのインキュベート施設と言えます。

その他にも、下記のような「場」として機能しているかと思います。

●「手づくり」が好きな人達のコミュニティの場

●出店者(オーナー)や、販売スタッフ(子育てを終えた女性が中心)にとっての自己実現の場

●企業や大学にとっての商品開発の場 (↑上記、宇都宮テントの帆布カバンの事例参照)

●商店街の各店舗との連携の場 (この日は、商店街の各店のECOにちなんだ商品を一堂に集めてテーマ編集していました。商店街の店主って意外にお互いの店がどんな商品を扱っているのか知らなかったりするものですが、こうやって商品を一堂に集めることによってお互いの商品を知るきっかけにもなる。)


同じように手作り雑貨が集まるシェアショップ・マーケットの事例としては福岡市・西新に「ハコニワ」というのがあるのですがこちらは純粋民間会社が行っている事業ですので、今回は第3セクターまちづくり会社が行っている事例と言うことで「街知箱(まっちばこ)」を視察に言ったわけです。

◆ハコニワ
http://www.haco-niwa.com/index.htm


市場の再開発の事例 海外編 [商業施設]

8月1日(土)・2日(日)とプライベートの合宿で釜山(プサン)に行っとったのですが、観光地としても有名な「チャガルチ市場」にも行ってきたので、写真を掲載しときます。

もちろん、小倉地区中心市街地活性化事業の一つにも市場の再開発がありますので、何かの参考になるかも、というところです。

↓この辺りは、もともとの露天商のままの風景
090801_1313~0002.jpg


↓市場ビルを建設して、中に店舗を収容し、飲食機能なども追加090801_1313~0001.jpg

090801_1308~0001.jpg

090801_1311~0001.jpg

↓このビルの1階はこんな感じ
090801_1304~0001.jpg

090801_1305~0001.jpg


上には「何かの参考になるかも」とは一応書きましたが、参考にするならやはり同じ日本国内である金沢の「近江いちば館」の方を参考にするべきでしょうね。「チャガルチ市場館」は、外観はあまりにも近代的すぎて市場の雰囲気台無しだし、内部は露天商と比べて清潔度が格段にアップしているようにも見えないですからね。。。

◆市場の再開発事業 (2009年6月15日の日記)
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-15


市場とICT [商業施設]

一昨日の日記(http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-28)で、再び「近江町いちば館」の事例を取り上げましたが、ついでに「近江町いちば館」に関する金沢経済新聞の記事をもう1件取り上げておきます。



◆近江町いちば館に実験ショップ-能登の生産者がカメラ使いライブ販売 (2009年06月04日)
http://kanazawa.keizai.biz/headline/554/

星稜女子短期大学の学生が5月30日・31日、近江町いちば館(金沢市青草町)でテレビ会議システムを活用した実験ショップ「学生ラボ・ショップ能登」を開設し、能登の生産者と金沢の消費者をつないだ能登産品のライブ販売を試みた。

 同プロジェクトは、同短大の安藤信雄ゼミの学生らが産学連携で金沢大学イノベーション創成センターなどの協力の下、ICT技術を活用した生産者と消費者間の新しいコミュニケーションを創出し、地域おこしの新たな可能性を生み出そうとするもの。「食」への安心・安全の意識が高まる今日、生産量が少ない産品の生産者にとって、遠隔地に居ながら対面販売のように商品価値を消費者へアピールすることは、費用面で効果的であるだけでなく生産意欲も高まると期待されている。

 当日はカメラとモニターを、金沢の近江町いちば館のアトリウム広場と七尾市の能登鹿北商工会能登島支所、中能登町の能登上布会館に設置。能登の生産者と消費者が行き交う近江町市場をつないだ。生産者が能登からモニターを通して市場を訪れた人々に食材や工芸品などをPR。買い物客は特設のテントに並ぶ漬物・海藻・古代米・漬物・工芸品などの産品を品定めした。

出品されたのは、谷農園(中能登町)の古代米や古代米の乾麺、高澤醸造(同)のみそ・どぶろくソルベ・どぶろくピザ、中能登町織物デザインセンター(同)の布物製品、八太郎漬本舗(能登島)の漬物やみそなど8社の産品。

 同ショップを運営した学生らは「カメラを使った対面販売は初の試みで、どうなるかと思った」「通りがかりの買い物客にどんなイベントかをPRするのに苦労した」「たくさんの人が足を止め買い物に参加してくれてうれしかった」などと振り返った。



「産学連携」 「農商工連携」 「ICT」 などなど、いまどきの地域活性化の要素がうまくミックスされた事業ではないかと思います。 

魚町エリアにおいても「ユビキタスモール化」が検討されているところですが、本当にユビキタス環境が整えば、上記の参考事例のようにICT技術を使って生産者小売者と消費者を繋ぐような販促の仕掛けも出来るのではないかという気もしますね。

 

 


食材買っては調理し、調理しては食べ、食べてはまた食材買ってきて… [商業施設]

魚町エリアにおいて新築が予定されている某商業ビルの企画の中にキッチン付きコミュニティ施設」が追加されました。

このビルのテナント構成としては「都市型産直販売所」「スローフードレストラン」など「食」をテーマとして集積させることを考えていますので、実際にそこで買った食材を自分たちでワイワイ言いながら調理して食べることの出来るようなコミュニティ施設が併設されると館に来る楽しみも増すというものですね。

実際の体験として、昨年「市民プロデューサー講座in北九州」のメンバーで、昨年夏、旦過市場黄金市場で食材を買い回り自分たちで調理して食べるというフィールドワークを敢行しました。

◆小倉の市場に萌えた一日 (2008年7月26日の日記)
http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2008-07-26

080726_1314~0001.jpg  080726_1548~0001.jpg


この時は、調理&会食の会場として「中島市民センター 調理室」を借りて使ったのですが、いかんせん、場所が旦過と黄金のちょうど真ん中くらいのところなので、大量の食材を抱えて移動するのがとても大変でした(特に、この日は物凄い猛暑でしたし…)。それに、「市民センター」なので、アルコールが禁止!というのがかなりツライところです。[もうやだ~(悲しい顔)]

旦過市場にも近い魚町エリアに「キッチン付きコミュニティ施設」が出来れば、このような遊び方が出来るようになりますね!



先日紹介した「近江いちば館」(http://kitakyushu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-15)にも3階に金沢市近江町交流プラザ」という施設があり「キッチンスタジオ」もあります。そこで、様々なイベントが開催されています。

◆近江町交流プラザで「3世代交流」料理塾-地元・金沢の食文化学ぶ (金沢経済新聞より引用)
http://kanazawa.keizai.biz/headline/545/

金沢市近江町交流プラザ(金沢市青草町、TEL 076-260-6722)のキッチンスタジオで5月24日、「家族で作ろう3世代交流クッキング~金沢こども料理塾」が開催され、8家族23人が参加し、金沢の郷土料理を通して食に親しんだ。

 4月16日の「近江町いちば館」オープンに伴い、3階に開設した同プラザを利用し、市が始めた食育計画事業の一環。子どもだけで調理をしながら金沢の食文化や栄養について楽しく学ぶ「金沢こども料理塾」の特別企画として、家族3世代で調理実習やかるた遊びなど食を通して交流を図る目的で実施された。

 参加した子どもは小学1~5年生とその家族、青木クッキングスクール(長町)で教頭を務める加藤重和さんを講師に、金沢の郷土料理「茄子と素麺の煮物」、地元食材を生かした「甘エビの卵焼き」、子どもの好物「鶏肉と野菜の照り焼き丼」のメニューを仕上げた。

 家族ごとに4つのグループに分かれ、子どもたちは卵を割ったり鶏肉に粉を付けたりする作業などで活躍。家族とともに和やかに調理を進め手作りの味を楽しんだ。「自分で作ると特別においしい」と笑顔で試食する子どもたちの姿を、保護者らは「いつもよりよく食べていてうれしい」と温かく見守った。食後には、金沢美術工芸大学の学生がイラストを描き市が制作した「かなざわ食育かるた」で金沢・石川の食文化や伝統行事をゲーム感覚で学んだ。

 講座を担当する栄養士の大日方澄江さんは「市場の中にできた新しいキッチンスタジオで、金沢の食文化や栄養について多くの子どもたちに楽しく学んでほしい」と話す。

 今後は、管理栄養士を講師に迎え、子どもだけで調理をしながら食文化や栄養について学ぶ「基礎8回コース」(6~7月の各週末)、「夏休み4回コース」(夏休み中の火曜日・金曜日いずれか)を予定している。金沢市内在住の小学生が対象で定員20人。参加無料。


前の10件 | - 商業施設 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。