So-net無料ブログ作成
TMO事業 ブログトップ
前の10件 | -

今日のミーティング [TMO事業]

■11:00~12:00 北九州まちづくり応援団㈱定例ミーティング。


■14:00~18:00 市とのミーティング (at/プロント小倉魚町店http://www.uomachi.or.jp/shop/pronto/) 

最近、打ち合わせを「プロント小倉魚町店」の地下で行うことが多いような気が……。なんとなく秘密地下基地みたいな雰囲気がして楽しいんですよね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全日本駐車協会さんと駐車場整備推進機構さんにアドバイスを頂きました [TMO事業]

本日は、社団法人全日本駐車協会財団法人駐車場整備推進機構の方がわざわざ北九州市までおいで下さいました。

小倉都心地区においても今年の3月1日より「小倉都心地区共通駐車券事業」をスタートさせているわけですが、運営面・技術面などで試行錯誤している部分があります。

◆小倉都心地区共通駐車券事業
http://www.kokura-townnavi.com/kokura.phtml?main=cken.html

その一つに、現在使用している「共通駐車券」が某O社の規格のものであるため、O社以外の機器メーカーを採用している駐車場ではこの共通駐車券を直接精算機に投入することが出来ないという問題があります。

O社以外の機器を採用している駐車場だと、有人、すなわち係員が常駐していて人手で対応してもらえる駐車場でないと基本的には現在の共通駐車券事業に参画することが困難なわけですね。

で、今回来社頂いた2団体は、この問題点を解決するための「汎用サービス券」というものを開発されていて、昨年から全国的に普及活動を行っているのです。この「汎用サービス券」対応のカードリーダーとカードを採用することにより、1種類の券で「アマノ」「三菱プレシジョン」「日本信号」「サニカ」「バンテック」という5社の異なるメーカーの機器に対応できるようになるわけです。


今後、この「共通駐車券の汎用化による参加駐車場数の拡大」というテーマ以外にも、小倉都心における「駐車場案内システム」、「ICカード導入による公共交通機関及び商業施設等との連携」など、駐車場に関連してきそうな事業が幾つか考えられそうですので、新中心市街地活性化基本計画への掲載を検討して頂きたいところです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋葉原無料案内所  ~インフォメーションセンターの事例~ [TMO事業]

旧TMO8事業の中で全く着手できていない事業の一つに「インフォメーションセンターの設置」があります。

◆インフォメーション事業
http://www.kitakyushucci.or.jp/tmo/information.html


さて、Livedoorニュースを見ていたら「秋葉原無料案内所」に関する記事が…。

◆何かお探し物ですか? ご主人様!メイドさんが教えてくれる"秋葉原無料案内所"
http://news.livedoor.com/article/detail/3225183/

なるほど、無料案内所の運営経費を「秋葉マップ」の広告掲載料で賄っているわけですねえ。

でも、小倉の場合、「こくらハローズ ぐるめまっぷ」は店舗は無料掲載で広告料も取ってないし、「小倉季行」も広告料で制作費をようやくツーペイできるかどうかという状態であって利益を他の事業に回せるような状況ではないですし……まだまだ難しいですねえ。

それにしても、「秋葉マップ」は約900店舗も掲載されているとのこと、すごいですねえ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

進化する小倉都心地区共通駐車券事業 [TMO事業]

今年3月1日にスタートしました「小倉都心地区共通駐車券事業」ですが、スタート時点の参加駐車場は15ヶ所、収容台数約3,100台でありました。
その後、着々と参加駐車場は増えておりまして、現在では19駐車場、収容台数約4,500台になりました。

■小倉都心地区共通駐車券事業 参加駐車場一覧
http://www.kokura-townnavi.com/kokura.phtml?main=car3.html

特に、今までは小倉駅北側エリアには参加駐車場がなかったのですが、今回

小倉興産ポステ駐車場 (912台)
小倉興産東駐車場   (453台)

に参加頂きましたので、より広い範囲での回遊性アップを期待したいところです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログに地図を貼り付けられるようになりました。 [TMO事業]

当ブログは、so-netブログを利用しているのですが、so-netブログにて新しいサービスが始まりました。「So-net buzzmap」という地図サービスがあったのですが、それとの連携機能、すなわち地図を簡単にブログに貼り付けることの出来るサービスです。

具体例で説明した方がわかりやすいと思いますので、北九州まちづくり応援団㈱の事務所を地図上にプロットしてみました。

北九州まちづくり応援団株式会社

地図中のバルーン(風船)マークをクリックすると、「みんなのスポット」というスポットを紹介するページに飛びます。北九州まちづくり応援団㈱の住所、連絡先、関連するWEB(こくらタウンナビ)のURLなどを見ることが出来ます。周辺のスポットの欄を見ると、ラーメン屋の「蘭州」(http://buzzmap.so-net.ne.jp/spot/detail/7124)が登録されてありますね(ここのラーメンは本当に美味しいですよ!)。

地図の仕様は、サイズ、枠の色などが変更できるのですが、地図だけではなくて航空写真も選べます。

北九州まちづくり応援団株式会社

地図の左上にある「+」「-」のボタンを操作すると、ズームアップしたり、パンアウトしたり出来て、とっても面白いです!!!!

下記は、「航空写真+地図」モードです。

北九州まちづくり応援団株式会社


 

 「So-net buzzmap」のような地図サービスはもちろん昔から存在していたのですが使い勝手の面で北九州TMOのインフォメーション事業に取り入れるには時期尚早かなあと思っていたのですが、ブログに簡単に貼り付けることが出来るようになったということで、これはかなり有効な販促ツールとして使えるのではないかという気がします。

ましてや、上記の地図の右下を見て頂けるとわかるように、このサービスに地図データを提供しているのは小倉都心に本社を構えるゼンリン(ZENRIN)さんであります。「こくらタウンナビ」の制作・運用管理もゼンリンさんに委託しているわけですので、ここは一つ考えてみて頂きたいところです。

 加えて、現在「こくらタウンナビ」については、携帯電話等の携帯ツールでもサービス共用できないかと検討中なのですが、この 「So-net buzzmap」は携帯でも利用できるんですよね。(→http://buzzmap.so-net.ne.jp/help/guide4.html


いや~、ITの技術の進化は早すぎて、ついていくのが大変ですねえ……。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

平成18年度の「アニュアルレポート(年次報告書)」 [TMO事業]

そういえば、ブログに書くのをすっかり忘れたまま5月になってしまいましたが、北九州TMO[小倉都心地区]の各事業ごとの平成18年度(2006年4月1日~2007年3月31日)の「アニュアルレポート(年次報告書)」がまとまっております。

タウンマネジメント活動においては、「アニュアルレポート」をはじめとする「報告」という活動がとても重要です。もちろん一般の企業活動においても株主等に向けたIR活動が重要なのですが、タウンマネジメントの場合さらに関係するステークホルダー(利害関係者)一般市民、行政、NPO、企業等々多種多様にわたります。それぞれにきちんと報告しておかないと次年度からの支援を受けることが出来ないというような事態にもなりかねません。これまでの北九州TMO活動の財源は主に、北九州商工会議所のTMO事業費、北九州市補助金、小倉中央商業連合会の支援金、北九州まちづくり応援団株式会社への資本金・協賛金、及び応援団㈱のイベント活動の事業収益金などです。これだけでも多岐に渡っていますが、今年度ないし来年度からは「中心市街地活性化協議会」としてさらに多くの関係者が協議会に参画してくることが予想されますから、このような報告活動の重要性は増してくるかと思います。

まあ、このブログも、毎日の営業報告書つまり「営業日報」代わりに書いている側面もあるんですけどね。


■共通駐車券事業報告書


■テナントミックス事業報告書


■チャレンジショップ実施計画書


■こくらハローズ活動報告書


■おもてなしトイレ拡充活動報告書
 

■インフォメーション事業報告書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会議所ニュースに掲載されました [TMO事業]

日本商工会議所が発行する「会議所ニュース」4月21日号で、小倉都心のタウンマネジメント事業が取り上げられました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

建築時期別建物現況図 [TMO事業]

4月19日、20日の続きです。

■4月19日のブログ 『都市政策研究所の報告書』
http://blog.so-net.ne.jp/kitakyushu/2007-04-19

■4月20日のブログ 『基本計画の数値目標について。「2006年度 次世代に向けた集客力のある都市づくりに関する研究」を読んでみる 』
http://blog.so-net.ne.jp/kitakyushu/2007-04-20


本日は、『次世代に向けた都市づくり』報告書に関してです。

次世代に向けた都市づくり (2006年3月発行)
http://www.kitakyu-u.ac.jp/iurps/publication/12_urban/2006/all.pdf

34ページ目に、「図4-3 建築時期別建物現況図」という地図があります。

まさに、こんな地図が欲しかった~!

TMO事業の中の「環境整備事業」もそろそろ着手したいところではあるのですが、まずは現況調査と分析をやらないといけないわけです。小倉の街並み、特に最中心部が「古い」とか「汚い」というのは誰が見てもわかるところなので異論は無いと思いますが、それが定量的・客観的にどの程度「古い」のかというデータは無いものかと逡巡しておりました。なければ、TMO自ら調査しないといけないかなあ、とも思っていたのですが、調査データはあるところにはちゃんとあるもんですねえ。

「図4-3 建築時期別建物現況図」はきちんと色分けされているので一目見て分かりやすいのですが、これを見ても「1986年~2005年(地図では赤色)」に建築された建物がむしろ少数派です。
ほとんどは「1966年~1985年(地図では黄色)」とか「1946年~1965年(地図では水色)」です。中には、「1945年以前(地図では黒色)」というとんでもなく古い建物も現存しています。

建築されてから40年、50年が経過しているビルばっかりなわけですから、そりゃあ街全体が古く見えますよね。もちろん「古い」から全て悪いというわけではなく、きちんとメインテナンスや清掃が行われていれば古いビルでも綺麗に見せることも出来るのでしょうが、小倉の場合は残念ながらそれらがきちんと行われているようにも見えません。

近年、紫川エリアや、小倉駅北口エリアなどの周辺エリアの整備・建物更新はせっかく進んできていますので、そろそろど真ん中エリアの整備・更新をしても良い時期のような気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のお仕事 [TMO事業]

北九州商工会議所内の人事異動にともないましてTMOを所管する「まちづくり推進課」にも新メンバーが3人配置されましたので、北九州TMOの経緯及び改正「まちづくり三法」についての説明を行いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日(4月13日)のお仕事 2007年度のTMO事業計画 [TMO事業]

午前  北九州TMO(北九州商工会議所)、北九州まちづくり応援団㈱、北九州市商業振興課の3者会議。2007年度のTMO事業の進め方について。


■「共通駐車券事業」

予算配分的には2007年度の重点事業にしたいと考えています。2007年3月1日より一部の商業者と駐車場の参加でスタートしていますが、数ヶ月経過してデータが蓄積された段階で効果測定・分析を行い、その結果を参考にしながら、仕組みの手直しとまだ参加していない商業者や駐車場への参加呼びかけを行っていきたいと思います。


■「こくらハローズ事業」「おもてなしトイレ事業」




2006年度事業として「こくらハローズぐるめまっぷ」「まちなかトイレマップ」が完成し(ぐるめまっぷはもうすぐ完成)、TMOが行う目に見える成果物としてはある程度の実績を作ったと言えます。このようなツール制作は、もちろんツールそのものを便利なグッズとして来街者に使ってもらうことも目的ではありますが、このような制作作業をきっかけにして小倉の事業者や北九州市民に「おもてなしの心」を持ってもらうことも大きな目的であります。2007年度は、そのような啓発活動を継続していくことになるかと思います。


■「インフォメーション事業」

「こくらタウンナビ」の日常的な運営管理と、コンテンツやデザインのマイナーチェンジが基本となります。
ただ、現在の「こくらタウンナビ」はPC上でしか見れないため実際に小倉の街なかに出てきたらあまり役に立ちません。携帯電話や携帯ゲーム機などの携帯ツールを活用した情報発信も検討したいのですが、なにぶん先立つものがねえ………。


■「マーケティング事業」

「TMO指標」のデータ収集・更新。「来街者アンケート」の継続実施。
特に「TMO指標」については、今年度小倉について「中心市街地活性化基本計画」を策定するとなれば国のマニュアルで求められている「数値目標」設定が重要でありますから、データの洗い直しをしないといけないですね。事業エリアが全く同じならそれほど問題は無いのですが、もし事業エリアが変更になれば(旧エリアは550haもありますので、可能性は高そうですが)もう一回ゼロから作り直しですからねえ……トホホ。

あと、なんと言っても、2007年度は「中心市街地活性化協議会」づくりがTMOの最大重要事項ですから、そのための勉強会、シンポジウム、ワークショップ、会議開催などが、このマーケティング事業に絡んできます。


■「テナントミックス事業」

TMO事業もいろいろありますが、やはりそれらの活動が最終的には商業者や事業者の売上アップという成果に繋がっていかないとやってて楽しくないですし長続きしないです。そういう意味では、TMO事業のなかでも「テナントミックス事業」は特に重要です。
しかし、「人材不足」「予算不足」「そもそも地権者、家主、テナント等さまざまな権利者が絡むため困難な事業である」等の理由により、なかなか進捗していない事業でもあります。
実際の事業着手は2008年度以降に中心市街地の認定をとって戦略補助金等の支援制度を活用出来るようになってから、ということになるのですが、2007年度はその前段階としての情報収集や権利者とのコミュニケーション活動になるかと思います。


■「環境整備事業」「タウンモビリティ事業」

2年間、未着手のままきている事業です。
そもそも、この2事業に関しては、「道路」や「道路に設置されているストリートファニチャー等」など行政が所有・管理している領域が多いため、まちづくり株式会社や商工会議所という民間が勝手にいじってよいものでもありませんし、行政の中でも商業振興課だけでどうのこうの出来るものではないと思います。市の交通関連部局、都市計画関連部局、建築関連部局、環境関連部局などなど、また警察なども積極的に関わってもらわないと進めようがないですね。
まあ、そういう意味では今回タイミング良く「まちづくり三法」が改正されて、旧中活法のような商業関連部局だけの体制ではなく、役所全体で中心市街地活性化に関与しなさい、というように国が定めてくれましたので、これを契機に推進体制が整ってくるのではないかと思います。

 



 午後  「こくらハローズ ぐるめまっぷ」のプレスリリース原稿作成。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - TMO事業 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。